美肌ケアについての私の考え方と実感したこと

化粧品にはそれほどお金をかけない主義でしたが、40代半ば頃から、肌の衰えを感じ始めて、美容液や保湿ジェルなどをいろいろ試すようになりました。
美肌のケアは、大きく二つに分かれると思います。美白とタルミ防止(シワ防止)です。
美白やハリをキープする美容液やクリームは高価なものが多いので、私は、美白は化粧品にお金をかける、タルミを防止するためにはマッサージに力を入れる、という考えで美肌ケアをしています。
美白(ホワイトニング)については、できてしまったシミを薄くしたり、クスミを改善するためには、マッサージをしても効果はありません。加齢によるシミを防止するには、口コミなどで評価の高い化粧品に頼る必要があります。
また美白ケアについては、紫外線対策が欠かせません。日焼け止めや日傘など、若い時から徹底しておくことで、将来の美肌が決まると言ってもよいでしょう。
一方で、タルミは毎日のマッサージで防止・改善が可能です。シワはタルミによって生まれるものなので、タルミを防止することはシワの防止につながります。タルミ防止は、フェイスラインをキープすることにもなるので、若く見えるという効果もあります。
美白とタルミ防止の両方に効果的なのが、保湿です。美肌ケアの基本は保湿と言ってもよいかもしれません。
私の美肌対策は、毎朝の洗顔時と入浴中に必ずマッサージをしてタルミを防止、日焼け止めをしっかり塗って紫外線対策、就寝前には美白美容液と保湿ジェルでケア、となっています。

コンブチャクレンズ 口コミ

美肌効果を実感したこと

会社員として働いていた時は、生理前に必ずニキビができて憂鬱な時期を過ごしてました。フリーになってからは、毎月訪れていた肌荒れ期間がなくなり、以前よりも美肌になれたので、自身の体験から美肌効果があったものをご紹介します。
まずはファンデーションをやめたこと。頬やTゾーンや瞼にコンシーラーを使って肌全体は下地とお粉で仕上げるようにしました。その他アイメイクやチークは使ってますが、ファンデーションを使ってないので、クレンジングが楽になり、肌への負担が減って肌トラブルがなくなりました。
あとは、朝一番のお白湯とスムージーもデトックス効果があり美肌にも効果がありました。お白湯が飲みにくいときは、少しハチミツを入れたりお塩を入れたりすると飲みやすくなります。スムージーは、ほうれん草や小松菜など葉物野菜とパセリなどデトックス効果が高い野菜を入れて、飲みやすくするためにキウイやイチゴなどを入れます。朝一番のお白湯とスムージーを朝食に変えたら、腸内環境が改善されて肌もつるっときめ細やかで潤いある美肌になってきました。肌のトーンもワントーン明るくなったので、かなりオススメです。
また、お風呂もシャワーに頼らずしっかり湯船につかることが大切です。全身の血行をあげてストレス発散にもなるので、お風呂は美肌に欠かせません。日本酒を入れたり酒粕を入れたりワインを入れたりと自分なりに気分があがる入浴剤を入れるとさらに美肌効果が高まります。

とうきのしずく